News&Topics

広報室を孤独にさせてはいけない。広報における情報共有とは。


社内に広報部がある。

しかし、成果が見えない、評価されにくい。

広報担当者にはこのような悩みが尽きないのではないでしょうか?

・SNSによる情報発信

・各メディアへのアプローチ

・メディアへの記事掲載 。

このように、ある程度の露出があり、情報発信が行えていても、

それが、=売上に直結しているのか、効果測定がしにくいため、

広報担当者がいくら頑張っても、

評価されにくく現場が疲弊してしまうという現実があります。

では、広報を成功させるためには、どのような事が必要なのでしょうか?

広報における成功とは?

社内で情報を共有する

広報担当者が発信する情報を社内で共有。

例えばSNSへの投稿を全員で共有し、社内で一番に反応を起こします。

(いいね♡、シェア、リツイート等々)

いいねが1つもついていない投稿には、見ている人も反応しずらいです。

が、このような状況が実際に起きています。

たとえば、従業員が50人いれば、全員がフォロー、シェア、することで、

反応が変わってきます。(社内、社外ともに。)

☆何より、自分の会社の情報ですから、愛情を持って自然にできるはずです☆

経営者の思いを共有する。

会社がどこに向かっているのか、

それを示すのは経営者の役割です。

経営者の思いを、社内で共有することにより、

そのために、情報発信が必要で、

そのために、企業が注目浴びる“価値”がある事を

経営者自らが、言葉にして共有して頂きたいです。

社長の思いを繰り返し、繰り返し、伝えることで、

インナーブランディングに繋がります。

☆ブランドコピーを作り、自ら発信の柱になってください。

☆社内報で共有して下さい。

広報担当者が、一人広報になっていませんか?

今一度、広報が企業の情報発信の胆となり、

企業のブランディングに大きく貢献する部署と捉え、

情報共有を、積極的に行っていく事が、

情報発信(広報)の成功への近道です。

(広報コンサルタント 金井直子)

コンテンツメニュー

運営会社アップ・セット株式会社
〒550-0014 大阪市西区北堀江1-6-2
サンワールドビル9F
TEL 06-6556-6285
Copyrights © 2021 社外広報部 All Rights Reserved.

広報力をいますぐチェック!