News&Topics

企業イメージが変わる。本当のブランディングの意味。


最近、ブランディング。という言葉をよく目にします。

企業のブランディングをすることによって、

企業全体で同じ方向に向かって力強く進んでいくことができる。

インナーブランディングの考えですね。

以前、「コンサルティング」という言葉もよく耳にしましたが、

「ブランディング」も、経営者の方が、好む言葉なのかもしれません。

「企業のブランディングを!」というフレーズを目にすると、

そうだ!わが社も、もっと認知度を上げて、会社を盛り上げていかなければ。

と思いますね。

ただ、ブランディングと、口にするのは簡単ですが、

実際に、企業のブランディングをするためには、

企業はどのようなことをすれば良いのでしょうか?

・経営の目標(ビジョン)

トップの信念、個性

経営環境

企業の伝統

・経営資源

これらを、深堀して、言語化していくところから始めますが、

ここで、大事なのは、経営サイドの想いを

伝えるだけでは、ブランドは構築できない。ということ。

基本的に、経営者と従業員の方は、見ている方向が違いますから。

その差を埋めることは、難しく、

経営者の方が、頭を悩ませることの一つです。

社外広報部では、「広報」を切り口とした、

広報ブランディングを提案していますが、

前述の、経営の目標(ビジョン)、トップの信念、個性、経営環境、企業の伝統、経営資源を明確にして、

企業のビジネスの価値を言語化し、

トップを始め、社員様、アルバイトやパートの方々が、

同じ言葉を使って、

情報を発信していく事で、企業のブランドの伝わり方を一本化していくことを目指します。

企業が決定した(ビジョンなど明確にした上で、広報戦略を立てた)ものに

乗せて、PRを行っていくと、

それに、社員さんが乗せられていくので、

楽しんで、時には、面白がって参加してくれます。

これからのブランディングは、

企業の想いを言語化し、PRしていく、

広報ブランディングを目指していきませんか。

コンテンツメニュー

運営会社アップ・セット株式会社
〒550-0014 大阪市西区北堀江1-6-2
サンワールドビル9F
TEL 06-6556-6285
Copyrights © 2021 社外広報部 All Rights Reserved.

広報力をいますぐチェック!