News&Topics

ブログの力を信じてみて。


「ハ●キルーペかけてみて(^_-)-☆」風のタイトルです。

誰もが一度は目にした事があるCMですね。

文字が見えにくい時は、思い出すのではないでしょうか!?

さて、話は変わりますが、

御社のホームページに、「ブログ」はありますか?

「あ、やってるよ。書いてるよー。」

とおっしゃる方もいらっしゃると思いますが、

それって、サイト内ブログでしょうか?

サイト内ブログって何?

サイト内ブログは、その名の通り、ホームページの中にあるブログです。

よく利用されているのは、「トピックス」や「お知らせ」で、

ホームページリニューアルしました。

ゴールデンウィーク中の営業について

年末年始のご案内

新製品のご案内(プレスリリース)

タイトルがあって、その先に記事がある。といったものですが、

このお知らせの機能には、ブログを書くこともできる機能が

備わっている事はご存知でしょうか?

カテゴリーを分ければ、コンテンツの一つとして情報発信できます。

このように、項目ごとにカテゴリーを増やせます。

カテゴリーを増やしてサイトの質を高める。

例えば、パン屋さんでしたら、【食パン】【クロワッサン】【フランスパン】【サンドウィッチ】【レシピ】などという風にカテゴリーを分けて、記事を書くことができます。

記事というと、新聞記者みたいなイメージに思われますが、

いわゆる“伝えたい内容 ” の事です。

ホームページは、探したい情報があって【検索】で訪れる方も多いので、

閲覧者が迷わず、お探しの情報にたどり着けることも大切です。

ブログ記事の中に、その先(お問い合わせや購入)に繋がる工夫もしておけば、

閲覧者にとって、使いやすいサイトになります。

☆ホームページ内を回遊して頂けますので、より効果的☆

サイト内ブログがサイトの質を高めてくれる。

サイト内ブログに、伝えたい内容を記事として書きためていくことで、

ホームページの質が高まり

専門性が高くなるというメリットもあります。

パン屋さんでしたら、パンの事を書かれるでしょうから、

焼き方、発酵方法、素材、パンの種類、レシピ、アレンジ・・・などなど、専門性の高い記事が集まります。

Googleの検索エンジンでは、これまでのテクニック的なSEOは通用しなくなってきています。

では、何が評価されるかというと、

“心のこもった情報発信”です。

相手の事をちゃんと思って書いた記事なのか、本質があるか、共感できるか。等)

情報は、企業の宝になる。

2週間に1回のペースで記事をかけば、年間で24件の記事が情報として貯まります。

このように、コツコツとブログ記事を書きづけることにより、ホームページの質が高まり、検索されて、選ばれるホームページに繋がりますので、サイト内ブログがある方は、ぜひ活用してみられてはいかがでしょうか(^^)

>>社外広報部では、ブログ記事、コラム記事の作成をサポートをしています

「どんな記事を、どんな風に書けばいいの?」「商品・サービスの事は語れるけれど、文章にするのは難しい!」という方は、ぜひご相談ください。

コンテンツメニュー

運営会社アップ・セット株式会社
〒550-0014 大阪市西区北堀江1-6-2
サンワールドビル9F
TEL 06-6556-6285
Copyrights © 2019 社外広報部 All Rights Reserved.

広報力をいますぐチェック!