News&Topics

「伝える」を「伝わる!」に変える3つのポイント。


桜満開。お花見シーズン到来ですね!!

まだ肌寒い気温が続くようですので、

本格的な春の訪れには、あともう少し。という感じです。

さて、自分が伝えたい事が、なかなか伝わらなくて

イライラした。というようなご経験はありませんか?

例えば、

ちょっとお願いしたいこと、

ちょっと変えて欲しいこと、

ちょっとやって欲しいこと、

ちょっと解って欲しいこと。

などなど、日常生活はお願いの連続です。

伝わらないのはナゼ?

自分の伝えたい事を伝えるのが、プレゼンですが、

イライラの原因は、

伝える=伝わっている。

と思いこんでしまっているところから始まります。

つまり、

伝えた(つもり)になっていないか。

ここ重要です!

受け取るのは誰なのか、考える。

伝える相手は、当然“人”なので、

人には感情がありますね。

その感情ある“人”に伝える為には、

やはり、相手の感情を理解した上で、伝えなければなりません。

スピーチとプレゼンの違い。

一般にスピーチは、自分の伝えたい事を一方的にお伝えする事が多いです。

いわゆる「主張」ですが、

これにより、心を動かされて、共感してもらえたりしますので、

理解や共感を得たいときには、スピーチも良いと思います。

一方のプレゼンの方は、

相手に伝えて、受け取ってもらう。事が目的です。

そして、そのゴールは、

行動してもらう。

ことです。

行動してもらう事が目的であれば、

1.相手の興味がどこにあるのか探り

2.何を解ってもらうのかポイントを絞り

3.端的な言葉で伝える。

この3つ。が重要です。

特に、相手を理解するという事は、最も重要で、

これなくして、伝わる。は成立しない。

と言っても過言ではありません。

思っていることがなかなか伝わらなくて、イライラする。

と感じた時は、

もういいわ!と諦めずに、

相手の話をよく聞いて、

目の前の人が、どんな事を伝えたら、行動してもらえるか、

相手の興味・関心を探り、

相手の言葉から出た言葉で、会話を繰り広げる。

という事を始めてみてはいかがでしょうか。

コンテンツメニュー

運営会社アップ・セット株式会社
〒550-0014 大阪市西区北堀江1-6-2
サンワールドビル9F
TEL 06-6556-6285
Copyrights © 2019 社外広報部 All Rights Reserved.

広報力をいますぐチェック!