News&Topics

中小企業のブランディング。


皆さまは、「ブランド」と聞いて、
どのようなイメージをされるでしょうか?

おそらく名の知れた「ブランド名」が浮かぶのではないでしょうか?

確かに、それもブランドですが、

中小企業が目指すブランドは、
多くの人(全国)に名を轟かせるというよりは、

クライアントに向けて、
社員さんに向けて、
地域に向けて、

思いを伝える

ことから始まると思います。

広告と広報の違いは、まさにそれで、


人の心を動かし、

自然に応援したくなる、

自然にその企業(人、商品・サービス)について誰かに話したくなる。

というのが広報です。

広告も心を動かすのではないか?といわれますが、
広告が“心理に訴求”しているからで、
今、私が欲しいのは、そうそう!これこれ!と思わせ、行動(購入)させる。

でも、広告が終わると、また新しい広告に惹かれてしまうので、

広告を出し続ける必要があり、

費用もかなり掛かってしまいます。

一方の広報は、

そこにある思い(本質)がちゃんと伝われば、
ずっと語り継がれていきます。

例えば、おじいちゃんノートってご存知ですか?

東京の小さな印刷会社のおじいちゃんが作っていたノートが
ひとつのつぶやきから、人々に語り継がれるノートになったというお話。

のちに、記事を読んだショウワノート(ジャポニカ学習帳で有名)の開発担当者から提携の申し入れがあり、水平ノートとして販売されています。

<参考>
https://withnews.jp/article/f0160105002qq000000000000000W00o0201qq000012896A

こんな話を聞くと、誰かに伝えたくなりませんか?

広報は、狙うものではなく、
事実・思いをありのままに伝えるもの。

お金をかけずに、語り継がれるものと、
お金をかけて頑張って頑張って売るのと、

あなたはどっちが良いですか?

御社に最適な広報戦略を

社外広報部は、広報視点で御社のブランド作りを支援します。

お問い合わせは、コチラから。

コンテンツメニュー

運営会社アップ・セット株式会社
〒550-0014 大阪市西区北堀江1-6-2
サンワールドビル9F
TEL 06-6556-6285
Copyrights © 2021 社外広報部 All Rights Reserved.

広報力をいますぐチェック!