News&Topics

繰り返し出てくる「言葉」それこそが伝えたい事。情報発信のコツとポイントまとめ。


情報発信をすることが大事だと解っていても、
なかなか思うように発信できていない。

最近、そのようなご相談をよくお受けします。

「解っているのに発信できていない」
というよりは、
「解っているのに、どう、発信すればいいか解らない。」
ではないでしょうか?

企業各々、他社に負けないストーリーや強みがあって、
誰に、商品・サービスを購入して欲しいかも 決まっています。

ただ、切り口が多くあるため、

ついつい、あれも、これも、とやってしまう事が、

逆に解り難くしてしまっているのかもしれません。

まずは切り口を見つけて、
どこからどう伝えていけば良いかを明確にしていきましょう。

今回は、最近多くご相談を頂く中で、
お伝えしているコツとポイントをお伝えしたいと思います。

「そもそも」から考えていく。

今ある思いや考えを、
掘り下げて、「そもそも」から考えていくと 答えにたどり着きます。

①テーマを決める。

そもそも、私たちはこの商品を生むために、
どんな想いで、どんな努力をして生み出したのか。
そして今、目の前のお客様に何を伝えようとしているのか。

そもそも、この商品・サービスはお客様にとって
どんな幸せをもたらしているのか。

そもそも、この商品・サービスを生み出そうと思った
きっかけは何なのか。

そもそも、私たちが最も得意としているものは何なのか

・・・等々。

順不同ですが、思いつくままに考えていくと、

“そもそも、私たちが本当にこの商品・サービスを購入して欲しい
人は誰なのか。”

ここで、ターゲットが明確になります。

②ターゲットを決める

男性なのか、女性なのか、年齢層はどのくらいなのか、
その方々の行動様式はどんな事なのか
その方々はこの商品・サービスによって何を得ようとしているのか、
その方々が一番多く目にしている媒体は何なのか

・・・等々。

順不同ですが、思いつくままに考えていくと、

“そもそも、私たちが本当にこの商品・サービスを購入して欲しい
人は誰なのか。”

にたどり着きますね。

原点に戻って「そもそも」から 考えていく。

ここまででお気づきかもしれませんが、
言いたい事は“繰り返し ” 伝えてしまいます。
何度も“同じ言葉 ” が出てきます。
それこそが、伝えたい事。です。

ここまでくれば大丈夫。
ブレなく、誰に、何を伝えたいのかが、明確になります。

とりあえず!と発信するのではなく、

年の始まり、まずはテーマとターゲットを決めて

情報発信から始めませんか。

社外広報部は、御社の「伝える」を担う、外部パートナーです。
ターゲット設定と情報発信の方向性決定のサポートから、
情報発信の実働部分を担います。
広報サポーター(コピーライター、ライター在籍)にお任せいただければ、
御社の伝えたいを形にします。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせは、コチラから。

コンテンツメニュー

運営会社アップ・セット株式会社
〒550-0014 大阪市西区北堀江1-6-2
サンワールドビル9F
TEL 06-6556-6285
Copyrights © 2021 社外広報部 All Rights Reserved.

広報力をいますぐチェック!